パペット安倍晋三による「何がなんでも辺野古埋め立て」

本日の読売にはこんな記事も出ていたんですが、これを読んで非常に疑問に思ってしまったんです。

玉城デニーが県民投票結果を持って安倍と話したというのですが、安倍としてはこうだと言うんです。

県民投票の結果は真摯に受け止めながら(沖縄の)負担軽減に結果を出していきたい。

普天間の危険な状況を置き去りにするわけにはいかない。先送りすることはできない。

日米同盟にとって云々とか、普天間が不十分という話は、少なくともこの記事には出てきていません。

極めて奇々怪々な話ですよねぇ。。。というよりも、要求に対する応答になってませんよ。なぜなら、

これは沖縄県民自身の判断だからです。

沖縄県民が負担する当事者であり、沖縄県民が危険な状況に遭う当事者なわけですね。その当事者である沖縄県民がNOと言っているわけですから、安倍がつべこべ言う話ではないんですが、平気でこういうことを言い放ってしまうのが、脳みそ空っぽのただのパペットである安倍晋三という人物なわけです。どんな人物であっても、ほんの少しの論理性さえあれば、こんなことは言わないと思いますね。

では、安倍はどんな世論が示されれば意見を変えるのでしょうか?普天間周辺の住民のみによる投票ですかね?それも言ってませんね。

つまり、民主主義などどうでもいいんです。また一つ証拠が出ましたよね。

そして、なぜ私が「安倍はただのパペット」と書くかと言えば、辺野古を埋め立てて移転することは、民主主義による選挙で選出された政府にかかわらず、政府官僚達がずっと追求してきたことだからです。鳩山由紀夫が官僚に騙されたことはあまりに有名ですよね。

パペット安倍は、それを単に繰り返しているだけです。単に「こう言え、ああ言え」と言われてるだけです。自分で考える脳みそなど、この人物は持ってはいません。

本当は誰がこの判断をしているのでしょうか?私には全くわかりませんが、一つだけ確実に言えることがあります。これは誰も否定できないはずなんですが。

少なくとも、民主主義によって選ばれた者ではありません。その者がこういう決定を行なっているのです。これが民主主義国と言えますか?

民主主義など幻想にすぎません。我々はそうであるとの幻想を植えつけられ、洗脳されているのです。

 

未分類

Posted by ysugimura