民主主義を無視する読売の幼児性

2019年4月23日

いったんは「やめる」と言ったものの、再度書き出してみますと、やはりこれは責務であるかもしれない、などと思ってしまいます、面倒なことに。そして本日またまた「これは無いだろ」と思う社説をまた見つけてしまいました。以下です。

衆院補選で自民が負けた、慢心のためだ、これを廃せるかが参院選のカギだなどと主張する内容で、言わずもがなですが、不偏不党という社是(だったと思いますが)はどこへやら、自民応援団であることを露骨に表現しちゃってますね。こんなあからさまな偏向ぶりでも読売が読まれてるんですから、本当に恐ろしいことだと思います。

ただ、私が指摘したいのは、そこではなくて、沖縄補選の話しです。主題は「自民党の慢心」なのに、無関係な主張をこっそり忍ばせていますよ。

選挙区は、米軍普天間飛行場の移設先である名護市を含む。移設反対を掲げる玉城氏の後押しを受けた無所属の新人が、自民党候補を破った。

移設計画への根強い反対を裏付ける結果だが、普天間の危険性を除去しつつ、抑止力を維持する上では、辺野古への移設が現実的な唯一の選択肢である。

安全保障政策は、政府が国際情勢などを勘案し、国民の声明・財産を守るために、責任を持って推進しなければならない。計画の意義や重要性を粘り強く訴え続けていく必要がある。

すなわち、読売の言いたいことはこういうことですよね?

何がどうだろうが、先生が言ったことだから変えられないんだもんね!ばっかじゃないの!

沖縄の連中は、こんなこともわからないから自民党が負けたんだよ!理解できてりゃ負けるはずないじゃん!

どう考えてもこれ以外の解釈はできないのですが、私間違ってますかね?

ということで、民主主義の何たるかを全く理解できていない極めて幼稚な、読売の「社説」とやらをご紹介させていただきました。このような素晴らしい社説を今後も量産していってくださいね。楽しみにしております。

 

未分類

Posted by ysugimura