トランプ国連総会演説でウソをつく読売

このブログ最初の書き込みです。

トランプ国連総会演説内容を単に翻訳すればいいものを、あるいは長すぎて省略せざるを得ないのであれば、その旨お断りを入れれば良いものを、何が気に入らないのか読者に黙って削除するという、いつもの薄汚い読売のウソのやり口をご紹介しますよ。

以下の部分を見てください。

ホワイトハウス発表の英文を基に読売新聞が翻訳

となっておりますね。では原文はどうなっているでしょう?Remarks by President Trump to the 73rd Session of the United Nations General Assembly | New York, NYですね。

該当する部分はこうなってますね。読売の訳と対比してみましょう。

As my administration has demonstrated, America will always act in our national interest.
私の政権が示してきた通り、米国は常に国益に従って行動する。

I spoke before this body last year and warned that the U.N. Human Rights Council had become a grave embarrassment to this institution, shielding egregious human rights abusers while bashing America and its many friends.
Our Ambassador to the United Nations, Nikki Haley, laid out a clear agenda for reform, but despite reported and repeated warnings, no action at all was taken.

So the United States took the only responsible course: We withdrew from the Human Rights Council, and we will not return until real reform is enacted.
For similar reasons, the United States will provide no support in recognition to the International Criminal Court. As far as America is concerned, the ICC has no jurisdiction, no legitimacy, and no authority. The ICC claims near-universal jurisdiction over the citizens of every country, violating all principles of justice, fairness, and due process. We will never surrender America’s sovereignty to an unelected, unaccountable, global bureaucracy.

America is governed by Americans. We reject the ideology of globalism, and we embrace the doctrine of patriotism.
米国は米国民によって統治される。我々はグローバリズムのイデオロギーを拒絶し、愛国主義の行動原理を尊重する。

おや?かなりの部分が訳されていませんが、読者に一言の断りもなく、黙って省略したのはなぜでしょう?トランプは「米国は常に国益に従って行動する。」の後の部分を特に強調したいわけですよね、どう考えても。

ここをバッサリ削除して、次の「米国は米国民によって統治される」につなげたのは、一体どういうわけなんでしょうか?

適当に訳してみましょう。

I spoke before this body last year and warned that the U.N. Human Rights Council had become a grave embarrassment to this institution, shielding egregious human rights abusers while bashing America and its many friends.

私は昨年ここでお話しし、国連人権理事会がこの組織にとって深刻な恥となってしまったことを警告した。甚だしい人権侵害者を守りながら、米国とその友人たちをバッシングしているのだ。

Our Ambassador to the United Nations, Nikki Haley, laid out a clear agenda for reform, but despite reported and repeated warnings, no action at all was taken.

我々の国連大使ニッキ・ヘイリーは、改革の明確なアジェンダを提示した。しかし、報告され、繰り返される警告にも関わらず、何の行動もとられていない。

So the United States took the only responsible course: We withdrew from the Human Rights Council, and we will not return until real reform is enacted.

であるから、米国は唯一の責任ある方向をとった。我々は人権理事会から離脱し、真の改革が行われぬ限り、戻ることはない。

For similar reasons, the United States will provide no support in recognition to the International Criminal Court.

同様の理由で、米国は国際刑事裁判所(ICC)の承認について、いかなる支持をも提供しない。

As far as America is concerned, the ICC has no jurisdiction, no legitimacy, and no authority.

米国の憂慮としては、ICCは何の司法権も持たず、何の正当性もなく、何の権威も無い。

The ICC claims near-universal jurisdiction over the citizens of every country, violating all principles of justice, fairness, and due process.

ICCは、ほぼ世界的司法権を主張する、すべての国の国民に対して。すべての司法原理、公正、適切手続きを侵しているのだ。

We will never surrender America’s sovereignty to an unelected, unaccountable, global bureaucracy.

我々は決してアメリカの主権をあきらめない(明け渡さない)。選出されてもおらず、責任を持たない世界的官僚(Global Bureaucracy)には。

この演説を通し、トランプによる「グローバリズムにNO」という意思が現れているんですが、もちろんグローバリストの読売は気に入りません。紙面の他の部分で懸命に批判しておりますね。

反日売国奴である連中の目論見としては、日本国民の財産生命あらゆるものを、グローバリスト、その実体は多国籍企業等と思われますが、連中に売り飛ばすことだからです。

日本という植民地の主であるアメリカ様の大統領が、連中の目論見とまるで逆をやってることに、かなりの危機感を持っています。もちろん、連中がいくら騒いだところで、日本の植民地奴隷には一票の権利さえ無いのですが、何はともあれ、トランプへの悪感情へと誘導しようと必死であります。

そのために、こういったウソをつくわけです。ウソとは言っても、「明確に指摘されてしまうようなウソ」はつきません。連中のやり口としては、

  • 気に入らないことをこっそり削除する
  • 気に入らないことを、そもそも報道しない
  • 読者の忘却に頼る
  • 「~とみられる」などという、事実でも何でもない、ただの感想で読者を誘導
  • 御用学者・評論家によって、根拠の無いことを言い散らかす。

と、こういう手法となっておりますね。

さて、トランプがここで名指ししている国際刑事裁判所ですが、こんな記事があります。

トランプ米政権、国際刑事裁判所に制裁も アフガンでの戦争犯罪疑惑めぐり

演説の中のニッキ・ヘイリーといい、ボルトンが激しく抵抗していることといい、ディープステートの戦争屋にとって、これらの国際組織は都合が悪いもののようです。米国の人権侵害・戦争犯罪には都合の悪いもののようですね。平和主義者の側から見ると、このトランプの主張は悪に見えます。

しかし、なぜ読売はわざわざこの部分を削除したんでしょうか?何らかの意図があると思われますね。

もちろん、私の予測としてはこうです。

国連やら何やらの国際組織というものは、すべてグローバリストの言い訳組織であって、一見良さそうなことをしているように見せかけるが、その実は、グローバリストの世界支配のための方便に過ぎない。

ってことです。何でもそうですよね。連中が一般庶民を騙す方法としては、「悪の組織」ではダメなわけです。「一見善に見える組織」でなくてはいけません。その代表例がホワイトヘルメットですが。。。

このあたり、私自身が十分な情報を持っているとは言い難いので、とりあえずここまでにしときますが、ともあれ、読売が、読者に何の断りも入れずにこの部分を削除したことには、確実に何かありますね。