「日本 外国人材活用を」

本日の読売にも様々面白い記事があるんですが、とてもご紹介しきれません。しかし私が特に「おおっ」と思ったのは、一面のこの小さな記事ですね。

これでまるわかりになっちゃいますね。今安倍がやってること、読売の推進していることが、まさにグローバリストの指示によるものだということが。あまりに全く同じなので笑っちゃいます。

  • 労働力不足を補うために外国人労働者の受け入れ
  • 女性や高齢者、外国人労働者の活用
  • 税制面や働き方の改革の継続

ということです。その理由としては、GDP減の恐れ、経済規模の縮小なんだそうです、大きなお世話ですね。我々日本民族としては、こんな連中の指図を受ける言われはありませんし。そもそもGDP減やら経済規模縮小やらは我々日本民族の幸福とは何の関わりもございません。お断りいたしますよ。

これはまた、日本の政治が米国からの年次改革要望書と全く同じというのに似ていますね。まぁ要するに、日本というのは独立国であるという体裁をした植民地に過ぎないんですよね。非常に狡猾な詐欺となっております。

現在のほとんどの世界の人がただの奴隷であるのと同様に、日本という国も植民地にすぎません。これは明治維新のあたりから行われてきたようですよ、話によれば。

そして、その植民地の奴隷達を洗脳する役割を仰せつかっているのが読売他の偽メディアの方々です。30年後位にはこれが教科書に載ることでしょうね。

人類の歴史上、強制的な植民地、強制的な奴隷というものがあったが、それでは生産効率が落ち、また謀反も度々あったため、植民者達は表向きは独立国の民主主義という制度を奴隷達に与えることにより、奴隷達自らが国を運営しているかのような幻想を与えることに成功したのである。そこでは、表向き民主主義で選ばれた代表であるかのようなふりをした「政治家」なるものが、植民者の意を汲んだ「政治」を行い、その一方で植民地を統治するための宣伝組織である「メディア」というものが、毎日奴隷達の洗脳を担当したのである。。。とか何とかですね。

しかし、今やそれでひどい目にあった欧州や米国の人々はいち早く目が覚めだしているのですが、まだそれほどひどい目にあってない日本の奴隷達は、ほとんどが全然気がついておりません。そして未だに韓国がどうだとか、中国がどうだとか、これに賛成するのは、あるいは反対するのは売国奴だの、日本人じゃない人がメディアを操ってるなどとか全くくだらないことばかり言ってますね。全くくだらないことばかり気にして、いつまでたっても本質が見れないのがこの国の奴隷たちというものでございます。

 

未分類

Posted by ysugimura