捕鯨論:論点を限定することにより本質を見えなくする

本日の声欄は捕鯨に関する意見特集でした。こんなのです。

ざっとご覧いただければわかるんですが、都合良くも本質を避けた議論ばかりですね。

曰く「日本の捕鯨文化であり妥当な措置、IWCからの脱退は孤立を深める、捕鯨の必要性は無いし食べるつもりも無いし消費も増えないだろう、動物愛護を主張するIWCの脱退はやむえない」云々ですよ。

非常に愚かな議論となっております。読売が自身で書いていた「商業捕鯨を再開する以上、補助金頼みの現状から脱却して、産業として自立することが大切だ。」という点がありません。一切触らないようにしてます。

おそらくはここが本質なんですが、まるで抜けていますね。読売が奴隷達に印象づけたいというそのものを、いかにも議論したつもりで喜んでいるだけなんです。

日本にとっての捕鯨問題とは、日本の伝統文化の問題でも、他国による動物愛護の主張でも、国際的な孤立の問題でもなく、ただの利権に過ぎません、おそらくは。明確にはわかりませんがね、隠されていますからね。

ここがわからないから、この問題が何もわからないのです。あらゆることが利権であるにも関わらず、相も変わらず表面的な事ばかりを見て判断される愚かな人達ばかりであることに驚きます。

本質は隠されるものなんです。すべてにおいてです。

過去に書いたものは以下です。