プロパガンダ信じ込む痴性を育む白○大学

今日の読売の大きな広告は白○大学さんでした。こんなのです。

去る12/1に白○大学で行われたフォーラムの様子を伝えております。外人は聞いたことない人ですが、日本人は、あの池上彰さんと、あの後藤健次さんとなっておりますね。後藤さんは白○大学特任教授なんだそうです。

内容としては、偏見やウソがネットで拡散するから、きちんとしたロイターのようなジャーナリズムを見ろといった、読売にとってもまことに都合のいい話になってますね。

で、だいたいが池上彰なんぞまともな人間では無いことはわかっているんですが、彼の話を読んで疑問だらけになってしまいました。これなんですが。。。

これ本当にこんな話し方をしたんですかね?それとも編集でカットされているんでしょうか?あまりに話の内容が漠然としすぎていて、何を根拠に言ってるのかさっぱりわかりません。

本当にこの通り話したのだとすれば、こいつはまぎれもなくバカです。

世界がグローバル化し、そして様々な格差が広がり、それに対する反発から、米国ではトランプ大統領が当選し、英国ではEU離脱が決まりました。

まずグローバル化とは何を指すのか具体的にわかりませんが、それはおいといて、グローバル化させた主体は誰でしょう?何の目的で行ったのでしょう?まさか「自然に」ではないですよね。必ず「その方が得になる人」がいるわけです、ここんとこ絶対確実に間違いありません。ごく普通の一般人は外国に旅行に行くことはあっても貿易なんかしたり、移民なんか連れてきたりしません。

グローバル化で利益を得る者がいるからグローバル化したわけです。では、誰がどんな利益を得るのでしょうか?

で、「そして様々な格差が広がり」というのは、グローバルの結果ということなのでしょうか?それとも無関係に広がったのでしょうか?格差を広げた主体は誰でしょう?これほど生産性が上がってるのですから、皆が豊かになるはずなのに、それに反して貧乏な人が出てきたのはなぜでしょう?このあたり、池上氏には明確に答えていただきたいところですね。

で、トランプとEU離脱ですけど、「それに対する反発」なんだそうです。ということは、やはりグローバル化と格差の広がりを行なった主体が存在しており、過半数の人がそれに反対したからトランプとEU離脱になったわけですよね。その主体は一体誰ということなんでしょうかね?

そして、こうきます「グローバル化で、大勢の移民が西ヨーロッパにやってきた」。うーむ、まるで自然にグローバル化して自然に移民がやってきたみたいじゃないですか。だいたいホンジュラスの移民キャラバンもそうですけど、誰が中東やアフリカあたりから貧乏な人をわざわざヨーロッパに運びこんでいるんですかねぇ。そして、それは一体なぜでしょう?

さらに「実はEUから英国にも多額の補助金が入っていたことが後になってわかりました」。ではその金はどこから来たんでしょう?他の国。。。では無いですよね。他の国から吸い上げた金が英国に入っていたんですか?逆ならわかりますけどね。

まさか、まさかEU中央銀行が無から魔法のように作り出したお金が英国に入ってきてたなんてことはないですかね。。。これはただの想像ですけど。

で、トランプもEU離脱もフェイクニュースの影響だとおっしゃるわけですが、これはおいときましょう。

そして最後が非常に問題になるんですよ。「この前の米大統領選の時には、民主党全国委員会のコンピュータに何者かが入り込み、データを盗み、告発サイト『ウィキリークス』で明らかにするということがありました。」

だから何だという感じですが、ここで池上氏に是非うかがいたいのは、その何者かはどんな目的でこれを行い、ウィキリークスは何の目的で公表し、そして、公表された文書には一体何が書いてあったのかということですよね。

これらの文書に極めて重大なことが書いてあったからこそ、これが盗まれてウィキリークスが公表したということなんですよ、間違いないですよね?

で。。。その中身は一体なんだったんでしょうか?この中身の方が、この連中の言う、ネットに漂うフェイクニュースよりもずっと重大なことなんですけど、それは言わないんですよねぇ。。。

この男は結局のところ極めて曖昧なことしか言わないことが良くわかりますね。NHK時代から権力の靴の裏をなめる犬コロですから、権力に都合の悪いことは決して言わないんです。

このあとは外人の人達や後藤健次がごたくを並べてるだけで中身なんぞ全くありません。

これを見れば、白○大学というものが、教育機関などではなく、洗脳装置でしか無いことが良くわかりますね。

本日は以上でーす。

未分類

Posted by ysugimura